« 小泉政権はマスゴミを抱き込んで日本社会をズタズタにした。小泉政治を継承するという安倍はさらに日本をズタズタにするのだろうか。 | トップページ | 安倍の「国民羊化計画」に向けた戦略を読む。 »

2006年9月26日 (火)

日の丸問題は戦時体制を許すか否かの問題である

日の丸問題は、将来の日本国民を日本国家カルト集団に育て上げ、戦死させたいか否かという問題。


今、学校で、行事の際に、国旗を掲揚すること、そして、その際、生徒や教師が起立することが、強制されようとしている。

学校という場には、普通、日本人しかいない(在日外国人についてはここではおく)。
そういう場で、日の丸を掲揚し、それに対し起立して敬意を表するということに、一体何の意味があるのだろうか。どのような効果があるのだろうか。


一つ考えられるのは、
国旗への敬意を子供の頃から養っておくことで、戦争に突入するという時に国旗を悠然とたなびかせ、何か神聖なもののために戦うような気にならせる効果が得られるということである。
つまり、自国が行う戦争を神聖化・正当化することと、戦意高揚に役立つということである。


二つ目に、国への帰属意識を高める効果が考えられる。

どんな旗でも帰属意識を高める効果を持つと思う。
例えば、運動会の時に、赤組と白組に分かれる。
生徒たちがそれぞれ白旗とか赤旗とかを持つということはなくても、白い鉢巻、赤い鉢巻をしたりする。そういう行為によって、自分は白組だとか、赤組だといった意識が生じる。
白組と赤組で競い合うともなれば、否応なしにそういう意識が高まる。ほとんどの人は(私もだが)自分がかわいい。だから、自分の属する組に勝ってほしいと思う。競争意識が芽生える。

これがただの運動会での色分けならいい。

しかし、国旗となると話は違ってくる。

国旗はその国を象徴するものであるから、自国への帰属意識が高まる。
戦争突入時や戦時のように他国の存在を意識する時には、その国への競争意識が高まる。自国の国旗への尊敬のあまり、国粋主義に陥り、他国を蔑視したり、憎むことにもつながるだろう。やはり戦意高揚に役立つということである。


三つ目に考えられるのは、排他的意識を植え付ける効果だ。

ある集団が存在する場合、その集団の外には必ず集団に属しない者がいる。

一番大きな人の集団は地球人かもしれないが、地球人という集団を考える時、そこには必ず地球人以外の宇宙人の存在が意識される。
つまり、集団は集団外の存在を前提とした概念である。
日の丸を掲げている集団と掲げていない者がいるとする。
日の丸を掲げている集団からすれば、掲げていない者は自分の集団に属さない者であり、異端者である。
日の丸を掲げている集団が日の丸の前に起立するとすると、起立しない者は集団に属さない異端者である。
日の丸は日本国の象徴であるとされる。
したがって、日の丸を掲げず、日の丸の前で起立しない者は、日本国民ではない、非国民だ、という論理が生まれる。

あらゆる集団は、集団である限り、排他的である。
日の丸集団も、集団に属さない者に対し排他的なのである。
したがって、日の丸という日本国の象徴に敬意を表しない日本人は、日本国の集団に属さない者として異端視され、非国民呼ばわりされる。
日本人以外の民族ともなれば、日の丸集団から見れば異性人のようなものだろう。

レッテル貼りも起こるだろう。日の丸への敬意の有無が、一種の踏絵となる。
戦争に反対する者に、神聖な国旗を侮辱している不敬な者であり、非国民であるというレッテルを貼る

国旗掲揚の時に起立しない者については、平時である今でさえ、不敬だとか、そんなに日本が嫌いなら日本から出て行け、という意見が出てくるくらいだから、戦争という殺気立った状況下ではどうなるか、想像がつくというものである。


以上をまとめると、要は、日の丸を掲揚し、それに対し起立して敬意を表するという行為は、戦争に反対できにくい国民作り、戦争に抵抗の少ない国民作りにつながるということである。戦争のできる「普通の国」を作ることへの道の一つなのである。

これのどこが教育だろうか。
日の丸に対し起立しない教師のどこが、教師として「なっていない」のだろうか。


国旗への敬意を強制したことが思想・良心の自由への侵害に値するのは当然であり、今回の地裁の違憲判決は当然の判決だ。
しかし、強制したことがいけなかった、というだけで終わっては、国旗そのものの持つ、集団性、排他性といった危険な性質を見逃すことになるのではないか。

繰り返すが、決して、教師の躾がなっていない、という問題ではないのである。


日本の国民であることは、日本人が自分の心の中で認識していれば済むことであって、国旗を掲げてみたり、それに対して敬意を表してみたりしなければ認識できないことではない。
愛国心にしてもそうである。ことさら外に向かって発露しなければならないものではない。
愛などはもともと自然と湧き出てくる感情を指すのであって、強制されるものではないし、人から評価されるべきものでもない。
日本という国が愛せるような国であれば、自然と愛する。そういうものであろう

何かのシンボルを掲げること、何かのシンボルに敬意を払うこと、その他何らかの形で表現することをもって日本国民の印とするのなら、それは踏絵だ

そのような形で国旗を使うのなら、国旗などない方がマシだ。

国旗の掲揚と起立にことさらこだわる東京都や政府や読売などのマスゴミには、日本国民を日本国家カルト集団に仕立て上げ、日本を戦争のできる「普通の国」にしたいとの思惑があるとみて間違いない。

=============================================================================

国旗というのは、それを持つもの、それを掲揚する者に呪縛をかけるものではないか

国旗を掲揚したり、国旗を手に持つことには、その国の国民であるという意識を高め、国民を団結させ、連帯意識を高めさせるという効用があると思う。

一般的に、日本に住んでいる日本国籍をもつ人ならば、周りにいる日本人が自分と同じ日本人であることを、人に言われなくてもわかっているし、同じ日本人だ、という意識をもっている(在日外国人についてはここではおく)。つまり、連帯意識と呼べる意識は、国旗の有無に関わらず、最初から存在する。
この自然な認識以上の認識が果たして必要だろうか?

私は必要だとは思わない。

私からすれば、日本人が集っている場で日の丸を振るとか、日の丸を掲揚するという行為自体、そんなに日本人であることを日本人同士で互いに誇示してどうするの?という感じである。

他国との関わりがないところでは、一国のシンボルなど、不要である。

なくても、同じ日本人であることはわかっているからだ。


では、他国との関わりのある場ではどうだろう。
国際会議の場で、各国の国旗がはためいている場合がある。
その場合の国旗の意味は何だろうか。
私は、各国政府代表が国益のために行動していることを示すものだと思う。
つまり、国旗が象徴するのは、この場合、国益であるといっていいと思う。
国益と言っても、国民の利益であるとは限らない。
日米安保条約という「国益のため」とされるもののせいで国民の中には基地問題を抱えて苦しんでいる人だっているのである。あるいは、原子力発電も国益のためとされるが、今後放射能で国土や国民の人体が汚染されても国益のためと言っていられるのかどうか。国益などというのは国民の利益と決して合致しないのである。


一方、政治とは関係のない場で、外国人と仲良く話す時、自国の国旗を各自が手に持っている風景を想像してもらいたい。
おぞましいと思うのは私だけだろうか。
自分が何人であるというアイデンティティを捨て去れなどと言うつもりは全くない。
だが、人間として、外国人と話す場合には、自分が何人であるということから離れるべき時もある。お互いの国のことを話す場合であっても、客観的に自国を見つめたい場合には、国旗など手に持っていたら邪魔なだけである。
国旗というのは、それを持つもの、それを掲揚する者に呪縛をかけるものではないか、と私は思う。
その国から離れられない。
その国のために行動しなければならない。
そういう暗示をかけるもののような気がする

つまり、国旗というものは、その国の国民であるということを意識させることから国民を象徴しているかのようにも思えてくるが、そうではなく、
何か国民の外にあるものを象徴しているのではないかと思う。
恐らくそれは国家というものである。
いわゆる「お国のため」の「お国」ではないか。

国旗が国民の外にあるものを象徴しているということの根拠の一つとして挙げられるのは、国旗に対し起立し、敬意を表する、という行動の存在である。それが常識的な儀礼であるとの見方もある。

もし国旗が国民を象徴しているのだとしたら、その同じ国民が国民に対し敬意を表するという行動は理解しがたい。自分で自分に対し敬意を表しているかのようだ。
それとも、国民の一人が、国民の全体に対して敬意を表する、という行為であり、当たり前なのだろうか?しかしもしそうとしても、全体主義的ではないだろうか。

やはり、国旗は国家を象徴していると思う。
とすると、国旗に向かって起立し、敬意を表するということはすなわち、国家に対し敬意を表するということである。
国家とは、統治の主体である。民主主義社会においては国民の代表とされているが、必ずしも国民の望むような政治は行わない。国民の総意に基づいて行動する存在でもない。国家はあくまでも国民の対概念であり、国民と同義ではない。

どういう時に国旗が振られるかを考えてみてほしい。

天皇がお目見えする時。
小泉が「行幸」する時(去年の9.11選挙時の風景)。
小泉が靖国に参拝した時。
である。
あるいは、戦争中、兵隊さんが出征する時である。
世界的なスポーツイベントの時に振られることもある。

つまり、何らかの国家的権威がそこにある時。
あるいは、戦意高揚のために、国旗が用いられる
、ということである。


スポーツの場合は単に自国チームを応援したいだけと言えるかもしれないが、一歩間違うとナショナリズムの嵐を生むと思う。
戦争の場合とはまた違った「戦意」の高揚のつもりが、戦争になってしまうということも
、可能性としては捨てきれない。実際、「1969年にはサッカーの試合からエルサルバドルとホンジュラスの中米二国間の本格的戦争にまで発展した」(http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7009/mg0111-3.htm;第2章第4節)ということもあったそうである。
「ナショナリズムとは本質的に連帯感をもって動員をはかるための手段として求められてきたのである。とすれば、日の丸・君が代を『軽く』捉えるとか『自発的』であるということは程度の問題であり、やはりサッカーを通じて『日本人』としての連帯感を現代の若者が求めているという現象に対しては注意を向けるべきであろう。」(同上、第3章より)
という指摘もある。
特に「ナショナリズムとは本質的に連帯感をもって動員をはかるための手段として求められてきた」との記述は、スポーツから離れて考えても注目に値する。
「連帯」がキーワードだ。


つまり、国旗に対し起立するなどして敬意を表するということは、国家的権威に対する忠誠を誓い、その国の国民としての連帯意識を高め、戦争に備えるという行為に限りなく近いのではないかと私は思うのである。

今は、平時であるから、そうは見えないかもしれない。

たかが国旗で戦争まで、と思われるかもしれない。

しかし、戦争が近づけば、国旗は間違いなく、戦意高揚のために使われるだろう

国旗に対し敬意を表しない者は、非国民呼ばわりされるだろう。

戦争に対し異議を唱えることも、許されない雰囲気ができてしまっているだろう。

なにせ、神聖なる国旗のもとに戦うのである。

その国旗に対し異議を唱えることは、「神聖にして侵すべからざる」日本国家への冒涜行為とみなされても仕方がないのだ。

日の丸問題は、そういう状況を許すか許さないかという問題なのである

|

« 小泉政権はマスゴミを抱き込んで日本社会をズタズタにした。小泉政治を継承するという安倍はさらに日本をズタズタにするのだろうか。 | トップページ | 安倍の「国民羊化計画」に向けた戦略を読む。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日の丸問題は戦時体制を許すか否かの問題である:

» 「国旗・国歌問題」都教委への緊急要請署名を [喜八ログ]
     「いくじなしブロガー」仲間の華氏451度くん(注1)から「国旗・国歌問題 都教委への緊急要請署名」のお知らせをいただきました。  (注1:華氏451度くんは「いくじなし」を自称しつつ、実際にはベンチプレス150kg を挙げ、フルコンタクト空手黒帯のマッチョマン・・・) 私(喜八)...... [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 20時05分

» 国旗敬礼強制事件連邦最高裁判決訳文全文掲載〜本件が難しいのは問題となっている旗が我が国旗だからである [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
前に紹介した国旗敬礼強制事件連邦最高裁判決の日本語訳全文が, News for the people in Japan (←クリック)に掲載される予定です。 一部引用します。 ■■引用開始■■  本件が難しいのは判決を下す諸原則が不明瞭だからではなく,問題となっている旗が我が国旗だからである。にも拘らず,我々は知的精神的に多様であり,あるいは正反対であってもよいとする自由の保障が社会認識を崩壊させるなどという恐れを抱くこ�... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 06時28分

» 【28日締切】 コンテンツ規制? "沈黙の螺旋"は市民自らの声を潰してしまう @結論ありきのパブコメもしつこいくらいに「構ってやる」のも王道でしょう [ぬぬぬ?]
カマヤンさんからの呼びかけに呼応。 情報伝播の意に感じ、緊急転載 コンテンツ専門調査会企画ワーキンググループにおける意見募集 期限まで後3日(28日(木)の午後5時まで)しかないけど 「警察庁の研... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 08時06分

» 存在自体が憲法違反の石原慎太郎は、存在自体が憲法違反の安倍晋三ソーリの下で吠えるんでしょうね @やり過ぎ石原東京都に違憲判決! [ぬぬぬ?]
いよっ!待ってましたー "司法の良識"に思わず拍手 国旗掲揚時の起立強制は違憲、地裁が都に賠償命じる「日の丸裁判」で勝訴し、会見する尾山... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 08時39分

» 生見がヤバい! [労組書記長社労士のブログ]
先日、友人より以下のメールが転送されてきた! 高知県東洋町(生見)を愛する皆様へ緊急のお知らせです!! 今夕、(これは9月19日のメールです)高知県安芸郡東洋町の議会関係者から「10月上旬にも高レベル放射性廃棄物処分場に応募する予定」との情報が入りました。 情報によりますと、昨日、町長ら町執行部と議会(議員10人中9人席)とで高レベル誘致の会がもたれました。 (町民は何の説明も聞いていないのにもう誘致の会?) 決まった要旨は・・... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 15時04分

» 当たり前の勝訴 [紋邪 Blog]
 東京都教育委員会は2003年から?10・23通達?によって、「日の丸・君が代」を学校教育現場に強制してきた。今回の東京地裁の判決では日の丸・君が代が皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱として用いられてきたことは歴史上の事実だと指摘し、教職員がそれぞれの思想・良心にもとづいて、起立や斉唱を拒否する自由を有することは、憲法、教育基本法で保障されていると明言した。都教育委員会は不当な?10・23通達?を撤回し、教職員に対する違法な処分を直ちに取り消すべきだ。  この間おこなわれてきたことは、職員会議... [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 03時17分

» 教育関係者は重大な勘違いをしていないか!? [社会・政治]
教育関係者は重大な勘違いをしていないか!?最近報道されただけでも。かなり深刻な問題のニュースがかなりある。教育は一体どうなってしまっているのか!?(毎日新聞(Yahooニュース)より 引用) --------------------------------------- <福岡いじめ自殺>事... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 17時14分

» Tramadol hydrochloride. [Tramacet tramadol hydrochloride.]
Tramadol hydrochloride. [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 05時41分

» Buy hydrocodone online without a prescription. [Buy hydrocodone online.]
Where to buy hydrocodone online. Easy way to buy hydrocodone online. Buy hydrocodone online. Buy hydrocodone online discount cheap pharmacy. [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 13時04分

» Buy tramadol online cod. [Tramadol.]
Comparative potencies of opioids tramadol. Tramadol side effects. Tramadol. [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 16時03分

» Tramadol. [Tramadol.]
Tramadol saturday delivery. Tramadol hcl. Tramadol. What is the street value for tramadol. [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 19時01分

» Phentermine cheap. [Buy phentermine order cheap online.]
Cheap phentermine. [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 16時36分

» Tblog cheap phentermine cod. [Get cheap phentermine online free delivery.]
Buy phentermine online order cheap phentermine now. Buy phentermine cheap phentermine in the uk. Buy cheap phentermine. Extra cheap phentermine. [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 08時20分

» Buy hydrocodone online without prescription. [Hydrocodone online mexican pharmacies.]
Hydrocodone online. Easy way to buy hydrocodone online. Buy hydrocodone online without a prescription. Purchase hydrocodone online. Pharmacy online hydrocodone description price. Hydrocodone online without prescription. Drugs online cheap hydrocodone buy. [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 11時16分

» Cheapest tramadol. [Tramadol online.]
Tramadol cod. Tramadol. What is tramadol. What is the street value for tramadol. [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 17時09分

» Tramadol hydrochloride. [Tramadol hydrochloride.]
Tramadol hydrochloride. Tramacet tramadol hydrochloride. [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 20時12分

» Pictures of tramadol hydrochloride ac. [Tramadol without a prescription.]
Can tramadol help with methadone withdrawl?. Tramadol drug interactions. Tramadol buy. Tramadol hcl. Tramadol. Tramadol free shipping 100 mg. [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 19時40分

» Buy percocet 10 325 without prescription. [Buy percocet.]
Buy percocet-oxycodone no r/x. Buy percocet. Buy percocet online. Buy percocet online no prescription. Ow do i buy percocet online without a prescription. Buy percocet online without prescription. [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 05時05分

« 小泉政権はマスゴミを抱き込んで日本社会をズタズタにした。小泉政治を継承するという安倍はさらに日本をズタズタにするのだろうか。 | トップページ | 安倍の「国民羊化計画」に向けた戦略を読む。 »